ジャイアント馬場没後20年興行Aブッチャー引退興行で見た働き方進化論


昨日 両国国技館で行われたジャイアント馬場 没後20年+アブドーラザブッチャー引退興行に行ってきました。

近年にない素晴らしい興行でしたので レポートをします。

プロレスファンではない人は読まないほうがいいと思います。

最近 プ女が流行りじゃないですか?

女性が社会進出するにつれて ヤングライオンが頑張っている姿に共感したり、内藤哲也率いるLIJが組織(本隊)に反抗している姿に共感したり プロレスラーそのものに共感したり、自身の姿を投影しすいんですよね。

しかも 結構 年取るまでレスラーをやれる(長く働ける)し、社長になれるのは一握りだったり、サラリーマンの人は ご自身の姿を より投影しやすいんだと思います。

昨日の興行ですが、まず猪木さんがオープニングゲストとして登場。

馬場さんが亡くなる前にホテルで偶然会っていたエピソードなどを披露。

「馬場さんもですねえ。20年たって みなさんにこんなに覚えてもらえて

羨ましいですけど、私は10年で忘れ去られているかもしれませんねえ」

と自虐的コメント。

「リングにあがるとですね。馬場さんの挑戦を受けることになりますのでリング下から

失礼します」

でリング下から恒例の「1,2、3 ダッー!」

これやるだけで 会場も盛り上がりますよね。

これもあと数年で終わりですかねえ。

私も猪木さんの引退興行の言葉。

これには リタイアという新しい道を踏み出すにあたり すごく勇気づけられました。

「この道をいけば どうなるものか 危ぶぬことなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せば その一足が道になり その一足が道になる 迷わずいけよ いけばわかるさ ありがとー」

セミリタイアして 初めてわかることがたくさんありました。

あのままサラリーマンしてたら 一生涯 何もわからなかったでしょう。

ありがとう 猪木さん。ダー!!

ブッチャーの姿も衝撃的でした。

車いすでね。もう歩けないんですよ。

ブッチャーのメッセージで印象的だったひとこと。

「両親を大切にしてください。親を老人ホームに入れたらあとは知らないようなことはしないでください」

とかなり具体的なメッセージにwww

武藤も56歳かあ。一度経営者になって良かったんだと思います。あのまま新日本に残っても

ねえ。いいチャレンジだったのではないでしょうか?

ドリーともがっちり握手。今度 テキサス行ったときにアマリロにも立ち寄ろう!!

テリーは来場しませんでした。

私が本格的にプロレスをTVでみたのが ファンクス対ブッチャー、シークのオープンタッグだったので このシーンはより印象深かったです。

貴方は渕正信的人生を送りますか?藤原喜明的人生を送りますか?

渕さんも 何の特色もなくこれだけ全日本プロレスの正社員として勤めてきたのは立派なこと。

会場を沸かせるボディスラムはおそらく50過ぎて発見したのでしょう。

何の取り柄もない多くのサラリーマン諸氏にとっては渕的生き方は参考になると思いますよ。

新崎人生 52歳。プロレスラー業の傍ら 仙台でラーメン屋やうどん屋も経営。

今の副業ブームの先駆けかもしれません。

私は 現在の副業ブームに便乗した株やFXやりましょう。メルカリ転売やりましょう的なのは、副業の本質的なものではないと思っていますが、(ここ数年の不動産投資ブームを煽った駄本と同じ)新崎人生のようにそれが本当に好きならいいのかなと思います。

しかし52歳でトップロープ歩ける?しかもラーメン屋のおやじがですよ??www

川田利明のデンジャラスKといい プロレスラーの第二の人生はラーメン屋で決まりなんですかね。

私は キラーカンのお店「居酒屋 かんちゃん」によく行っていましたwww

隣のカラオケパブもやってて 「食後に カラオケどうすか?」なんて営業してくるんですよ。営業うまいなあと感心していました。

永田裕志 50歳 小島 聡 48歳

もうねえ 「白目むいたり」「いっちゃうぞばかやろー」で飯が食えると勘違いしている人た

ちは早期退職で組織を離れるべきですよねえ。

まあ 本人たちは もう組織で居場所がないのも薄々感じてはいるのでしょうが、

あとは去り際をどうするかですよね。

この二人は50代周辺のサラリーマンが共感しやすい立ち位置だと思います。

永田も 長州から 「このてっぺん 取り損なた男が」なんてTVで言われた日にゃ そのイメージ払しょくするのは難しいですよねえ。

もう お客さんの目の前で 上司から叱責されるぐらいのダメージですよwww

マスカラス兄弟wwww

ミルマスカラス 76歳、ドスカラス 67歳。

もう 本当に「人生100年時代」ですよね。

彼らがずっとプロレスをできるのはお客さんを沸かせる「必殺技」があるから。

サラリーマンの人も 色あせず 常にブラッシュアップされている、組織に喜ばれる「必殺技」があれば 年とっても いいサラリーで雇われるようになれるんじゃないでしょうか?

決して 株やFXやりましょうや、メルカリ転売しましょうじゃないんですよ。

宮原(29歳)のように勘違いでもいいので、イキのいい若手がどの組織にも必要ですよね。

おっさん一人雇うより こんな若手を一人雇って 組織を活性化してくれた方が組織にとっては本当にいいと思います。

昨日も宮原の勘違いぶり凄かったなあ。

前職の若手は 本当にダメダメでしたが、中にはダイヤの原石がいるかもしれませんしね。

そんなこんなでプロレスファンには かなり濃厚な瞬間でした。

今は新日本プロレスワールドでTV観戦 中心ですが、こういうオールスター的なものは何度でも見に行きたいですね。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする