私を唯一手玉にとった男


今回の売却にあたり、スムーズに買主さんを見つけ、トラブルなく不動産を買主さんに売り渡してくれた仲介会社さんの力が大きいことは言うまでもありません。

今回も前5回と同じ野村不動産さんへ専属選任で売却を依頼。

東急や住友不動産など同じ財閥系でもここは社員の毛色がちょっと違いますよね。

もう学生時代 体育会オンリー的な さわやか系の社員が多いです。

違いその1

野村証券との連携が密なのが、他財閥との最大の違いかもしれません。

野村証券のお客さんはお金持ちが多いですからね。

あっという間に買主さんを見つけてきてくれます。

違いその2

野村さんは 一度取引をしたことがある人なら、次回以降 仲介手数料を15%OFFにしてくれます。

仲介手数料の3%+6万円。

毎回 結構な額になるので、これは大きいです。

違いその3

また 当然のことながら、財閥ならではの提携企業とのサービスも多いです。

ビックカメラでの買い物なども安くなります。

野村不動産グループのカスタマーカード(クレジットカード)に入ると仲介手数料分のポイントがたまり、マイルに交換もできます。

違いその4

専属選任にすると 三越伊勢丹の選べるギフト3万円分がもらえます。

株主優待で取得する選べるギフトはいつも3千円なので、その豪華は一目瞭然です。

そんな感じですでに6回売却したうち5回は野村不動産さんです。

あれ、6回売却したうちの残り1回は???

そうきらめき不動産の六本木部長に見事に手玉に取られてしまいました。

もうですねえ。

あの人 うまいんですよ。

あれは騙されるw。

かつ手玉に取られる。

不動産売るより 壺とか売った方がいいです。

最悪、奥さま相手に実演販売とか。。。

すぐ彼の睡眠術にかけられてしまいます。

もう ほんと「こっくりさん」の世界です。

私もこれまでいろいろな国を旅してきました。

ウイグル族のウイグルマジックと互角に戦い、モロッコ タンジェの売春宿に連れ込みたがる自称ガイドの執拗な誘いを断り、行ったことがある人ならだれでもわかる国営レストランの店員でもお金をだまし取ろうとするインド人にNOをいい、宿代を2度ふんだくろうとするおそロシア人、スペインの地下鉄でお金をすろうとするジプシーの子供たち。

世界各地で、さまざまな人種、民族の人たちと 日本国民の誇りをかけて対峙し、撃退してきましたが、世界ではなく、日本国内に最大の敵がいたんです。

この六本木氏は ほんとうに凄いです。

催眠術にすっとかかる人はほんとうに注意が必要です。

私がサラリーマン時代 590万で買った五反田のマンション。

六本木氏がささやきます。

「ぴおほうさん やばいです。やばい。旧耐震の価格が暴落しています。今 売らないと本当にやばいです。」

悪魔のささやきに あれよあれよという間に無意識に判を押していました。

あー危ない危ない。

壺を買わされなかったのと、売却益がでた(750万で売れたのでたしか160万円くらい?)だったので結果オーライですが、今は900万でも売れるという全ベイが泣いた展開。

買うのは簡単です。誰でもできます。

運営も好立地であれば問題ないでしょう。

難しいのは何度も言いますが売却です。

財閥系の上得意になるのもよし、売るのが難しい物件なら 日本が生んだ不動産業界のこっくりさんにお願いしてもいいでしょう。

なにせ売却にも良いパートナーが必要だと思います。