10年 人より早く50歳で早期退職した私の年金プラン


私は50歳を迎えた昨年の3月に早期退職しました。

普通の人より10年、または15年早く会社員生活を卒業したわけです。

当然 安定的な収入がある会社員生活を10年前倒しでおさらばするわけですから 将来的な年金額は少なくなるわけです。

だいたいシュミレーションでは2万円くらいは毎月減るのかなと考えていました。

そもそも安定的に運用できる都心不動産を築古、築浅バランスよく持っているので あまり心配することもないのですが、いちよう紙の資産でも その2万円を補填できるくらいの戦略を持っています。

今は毎月分配になるようにREITを買いつけています。

12月に複数のリート銘柄を買えば ほぼ毎月3万円(税引後)が入ってくるポートフォリオが完成します。

この毎月分配のREITをベース(←ここ重要)に、来年以降 株価が暴落の場面で 今度は高配当の個別銘柄を買っていきます。

当然のことながら 高配当の個別銘柄は3/9月決算に集中しており、高配当個別銘柄を毎月分配にするには適していません。

今年もJTやオリックスなどを暴落時に仕込んだのですが、今度 暴落時が来たら さらに買い増しします。

私の場合 ねっからのビビリなので スクリーニングは 10万円以下、PBR1以下、配当利回り4%以上、有利子負債が限りなく少ない、営業CFが2年間は黒字などにしています。

このリートをベースにした配当金を得る金額ですが、今はこれくらいで推移しています。

なぜ これから高配当の個別銘柄を集中的に買っていくか?

わかる人はかなり鋭いです。洗練された投資家です。

当然 今はクロスでかなりの取引をしていますし、それに加えて来年の高配当銘柄の配当金で 配当金控除を取るためです。

(これを書いてる本は本当に少ないです。リートやETFは控除の対象になりません。←ここ重要)

もう控除コウジョこうじょですよ。

さらにこれを野村証券に預けて野村webローンを利用しています。

来年 暴落時に高配当株を仕込むことができ、野村証券への預け入れ金が1千万程度になれば その半額の5百万円くらいは 金利1,5%で借りることができます。

しかもCCCなどには乗りません。

毎月分配の配当金をもらいながら、野村webローンを活用し 低利でお金を調達する。こんな一石二鳥のおいしいことはありません。

あと低利でお金を調達する手段は何でしょうか?あれです。あれ。

洗練された投資家のそこのあなた!

ぜひコメント欄からコメントをお待ちしております。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする