グローバル住販に気をつけろ!不動産投資ブロガーの方はお気をつけください。


ブログをワードプレスに刷新して お問い合わせフォームを設けました。

その問い合わせフォームから様々なお問い合わせがあります。

今回はそんな問い合わせフォームからきた事件をご紹介します。

4月30日にいきなりこんなメールがきました。

題名: コラム執筆の依頼

メッセージ本文:
はじめまして。
株式会社グローバル住販の中〇真〇と申します。

この度は突然のご連絡誠に失礼いたします。
弊社は実需マンション販売、中古マンションの買取再販、
投資用不動産の仲介などを業務としている不動産会社になります。

今回、このようにご連絡させていただいたのは、
ブログの不動産投資体験記に大変興味を持ち
是非弊社にてコラム執筆を依頼したくご連絡させていただきました。
投資等用不動産の販売において、不動産投資に特化したサイトを開設いたしました。

サイトにはコラムやセミナー情報、物件情報を掲載しており、
メルマガ配信による集客を図っております。
そこで、筆者様にコラム執筆により
集客のご協力をお願いしたく存じます。

集客方法としては、会員に向けた弊社が配信するメルマガに
コラム記事を約1/3程掲載し続きをサイトに掲載することで
サイトやセミナーへの集客をにつなげております。

もしご興味ございましたら
URLを記載いたしますのでご覧き、
以下のメールアドレスにご連絡いただければ幸いです。

まあメールより どんな人か(美人局か?)も興味があり、実際にお会いし、「じゃ検討します。」ということで 実家の広島での長期の介護休暇に入ったわけです。

休暇中には 先方からのレジュメにあったタイトルどおり コラムを2つ書いて納品しました。

(コラム書くのはあまり好きではないですが、自分の頭の中を整理する意味では有益です)

で先方から一度連絡があり、こちらも対案を出してメールしたのですが、その後 音沙汰が全くありません。(まともな社会人はここで問題解決に向けてコミュニケーションを取るべき)

問題、課題の解決を図らずに一方的に連絡をしてこないというのは ちょっと失礼だと思いますし、他の不動産投資家ブロガーにも同じような被害が行っていないか本当に心配しています。

そもそもそっちから声掛けしておいて、クローズまで持っていかず スルーする(無視する)のはいかがなものでしょうか?

推測するに、コラムを掲載する予定だった「不動産投資に特化したサイト」の集客が想像以上にうまくいかないのではないかと思っています。

当然 サイトの運営にはコストがかかりますし、不動産投資ブームの終焉も相まって 採算が悪化し、費用対効果の低い事業になっているのでしょう。(やらなくてもいい事業)

そもそも不動産屋風情でウェブメディアを運営しようとするのに無理があるのでは?と思ってますし、軽く考えすぎなような気がします。

セミリタイアした時に考えなけれなならないのが、世の中には想像以上にDQNな人が多いということと、そういう人たちとうまく立ち回りながらやっていかなければならないということです。

特に大企業出身の人は、同じような偏差値の大学を出て、同じような考え方をする人と何十年も仕事をしてきたわけですから、この想定外に人たちと付き合う世の中の洗礼は相当なストレスを与えると思います。

そういう点では 大企業にずっとしがみついて同じようなマインド、テイストの環境の中で居心地よく働くのも一考かと思いますけどね。