区分投資やってる人はここだけは気をつけよう

先日 某マンションの総会がありました。

私が理事長をやっているので、将来を見越して 修繕積立金の値上げを議案としてあげました。

人件費はもちろん、将来的に足場を組むにも 2024年の現在より相当な値上がりになりそうです。

その総会でリノシーさんの管理している区分所有者が”反対”の定型文を議案書に張り付けてきたわけです。

管理会社さんによると、リノシーはすべて同じ定型文で反対するんですよと嘆いていました。

もちろん リノシーさんとしては、高額なポイントにつられた若手上級リーマンをせっかく嵌め込んだわけですから、修繕積立金を値上げされて、利回りを下げられると困るわけです。

リノシーさんも 修繕積立金の値上げに反対するのなら、ちゃんとした納得感のある理由で反論すれば聞く耳も持っているんですけどね。

なにせ 全然 趣旨とかけ離れた定型文を張り付けただけなので無視させていただきました(笑)

今後も定型文を張り付けるだけなら 無視でしょうね。

そもそも 区分所有者の同意なく、議案書出してる疑惑もありますよね。(私文書偽造)

リノシーさんに丸投げしているそこの貴方(うちのブログの読者にはいないだろうけど)、貴方の物件を管理している会社 このレベルでっせ(爆)

区分投資やってる人は 絶対に総会には参加してください。

購入前は 利回りは確定していますが、どういう運営をしているかは実際に総会に参加しないとわかりません。

ライオンズプラザ〇〇中央のように理事長が年間50万円以上も横領するような例もありますしね(笑)

あと 総会の雰囲気はもちろん フロントの方に、今 マンション管理の業界で何が問題になっているのか 十分にヒヤリングしてください。

あきらかに5年後 マンション管理人のなりてがおらず、益々管理費も値上がりしますから。。。

あとは管理会社が「もう止めた」とサジを投げ 管理不全に陥るマンションも明らかに増えそうです。

総会に出席し、管理会社さんにヒヤリングせず こういうちょっとした変化をキャッチしとかないと、「いえーい不動産買った。俺の将来安泰だぜ」的な勘違いをする羽目になりかねません。

私の場合 こういう変化を早めにキャッチアップしてるからこそ、不動産価格が天井の今 都内区分を売却して つくば平屋へ転換しようと意思決定が出来るわけです。

あくまでも自分の資産ですからねえ。

十分な管理を受けられているか、将来の修繕積立金は適正に貯められているのかをチェックするのは区分所有をしているのは必要なことだと思いますよ。

一棟や戸建ての人は もちろん 将来の修繕積立金は 毎月の積立はしていないでしょう。

(お金を積み立てていない、もちろん計画も無い(爆))

それで利回りはあがるのは結構ですが、将来どれくらいの修繕がかかりそうかはもちろん把握しておきましょう。