区分の弊害が一気に出てきた。


私の文京区にある某ファミ混物件。

先週 総会があったのですが、もう問題噴出の総会でした。

以前にも書きましたが、このマンションは区分所有者に 弁護士や建築士がいて 毎回 総会も勉強になるマンションでした。

私 個人的には、区分投資をする人は、管理業務主任者かマンション管理士の資格を取って、正しい知識を習得したうえで(←ここ重要)総会に参加し、マンションの資産価値の維持をすべきだと思っていましたが、今回は 一気に心折れました(泣)

これは投資物件に限らず、実需でマンションにお住まいの方にもいつ降りかかってもおかしくない問題だと思っています。いや 実需の方が問題は根深いですかね。

まず毎回19時30分から 近所のファミレスでやるのですが、そこが20時閉店。

もう管理会社の段取りが悪く この時点でカチーンと来ました。

近所のベローチェも休みだし、会議できそうな場所を30分探して ようやくサイゼリアへ。

ここも21時閉店なので たったの1時間しか議論できません。

この管理会社 某サンフロンティア不動産の子会社なんですけどね。

もう全くアフォすぎてびっくりします。

一番ひどかったのは、重要事項説明がないんですよ!

当然 管理業務主任者の立ち合い等ありません。

前回は 管理業務主任者の立ち合いがなく 重説はあったのですが、その時は「重説の内容に変更がない場合は、管理業務主任者の立ち合いは不要だ」との説明でしたが。。

もうこの時点で怒りの沸点は最高潮。

激おこです。

また 今は 管理費、修繕積立金の引落しが三菱銀行しか出来ないんですよね。

毎回 前受管理費や、未収修繕積立金などが発生し、入居者起点からも 自動引き落としにすべきだと提案していたのですが、いつも説明なし。

以前のフロントは「できません」の一点ばり。

調べたところ、三菱UFJファクターという収納代行会社を管理会社が契約すれば、月5千円、100件以下150円くらいで いろいろな銀行からの引落が出来ることがわかり、入居者も便利になると私が提案したんですがね。。。。

もう長く住んでいるおじいちゃんが、「いやー 私は銀行へ振り込みに行くのが長年の習慣なんだよ」なんて言い始め 結局ボツへ。

こういうおじいちゃんの一言で場の流れが一変してしまう。

まさにサラリーマン時代の会議で、キーパーソンが一言発した言葉ですべてが覆るような感じでしたね。

次に SJビルメンテナンス(株)が長期修繕計画書を作成してきたのですが、これがもう酷い酷い。

区分所有者に建築士がいるのに、こんなお粗末なものを出してはいけませんし、私のように複数物件持ってて、自分で大規模修繕を手掛けたことがある人なら、そのお粗末さを理解できるかもしれませんが、そうでない人はそんなものかと思ってしまうかもしれません。

弁護士先生も 鳩が豆鉄砲食らったような顔をしていました。

最後にこのマンション 修繕積立金が4千万あるんですよ。

30戸未満や敷地面積から考えれば なかなかの水準。

ただ SFビルメンテ社内に建築士がいないため 全然大規模修繕が出来ないし、長期修繕計画書も作成できない。

そんな中 最後に某501号室のおっさん(実需ではなく投資で貸している)が危険な発言を。。。

退去があったので、壁紙をはがしてみると、中がカビが生えてた。その修復部分を修繕積立金で払えと。

いやー 今の日本社会はごね得社会に変容してしまいましたが、室内のカビは明らかに専有部分だし、外壁から雨水が侵食してカビが発生した可能性より、室内の利用方法でカビが発生した可能性が高いと思うんですけどねえ。

おっさん(いや80歳近いおじいさん)ですが、ご丁寧に 録音してるので、聞いたら弁護士に相談しているらしいです。

正直 そんなあと数年も生きられないのに そんなに必死になってやることなのかなあと。すごく嫌な気分になりましたね。

裁判にしていただけても結構ですが、貴方100%敗訴ですよ。と弁護士に言って欲しかったんですけどね。

弁護士はアドリブが利かないのでいけねえ。です。

もちろんSJビルメンテのフロントも1時間しか時間がないのに、全然進行の段取りが悪い。

もう 朝まで生テレビで田原総一郎見て 勉強しとけ!って言っときました。

そんなこんなで 弁護士や建築士が区分所有者にいる総会で、毎回勉強になっていたのですが、今回ばかりは心折れそうになりました。

うーん 入居者は東京医科歯科大学の学生だし、家賃の滞納等もないし、このままほておくのがいいのかなあとちょっとは思いましたが、来年もまた総会に出席してるでしょう。たぶん(笑)