「今夜が山田」と2006年ドイツW杯の思い出


いよいよ今日の19時から楽天でも争奪戦が始まります。

サラリーマンの人は残業している場合ではありません。

とっとと仕事を切り上げて スマフォかPCに集中しましょう。

生半可な姿勢だと 私のような多くの暇人専業者には勝てません。

ご存知ない方 この株主優待タダ取りの争奪戦がまた凄いんです。

今年は日興証券さんや 土壇場でマネックス証券さんも一般信用をはじめられます。

ただ この両者はいまいちどの程度本気でやってくるか未知数はところも。。。

ですので、今日の19時からの楽天証券の開始が 3月末優待タダ取り(実質はコストかかるが便宜上)本当のスタートになります。

もうですねえ。瞬殺どころか秒殺なんですよ。

これで獲得できれば、ワールドカップのチケット(決勝)、東京オリンピックの陸上100m決勝など どんなレアチケットも取れることうけあいです。

テレクラ(古っ)でもいい仕事するでしょう。

楽天以外にも カブドットコム証券にも 独特の「落ち葉拾い」なる技があります。

これですねえ。

カブドットコムってたまに A級銘柄が出てくるんです。

でtwitterでその情報が流れてきて、その銘柄をキャッチするのがこの「落ち葉拾い」

今日はイーギャランティ(8771)を2名義獲得しました。

株価は10万前後でクオカード1500円分です。

そ 今の株主優待タダ取りにはtwitterは必須なのです。

このtwitterが必須ということで思い出したのが2006年のドイツワールドカップ。

これ 史上最高に楽しかったワールドカップ。

今回のロシアも良かったですが、これはもう楽しすぎた。

ビールはどこ行ってもうまいし、ドイツ人親切(親日)だし、交通機関快適だし。。

でこのドイツワールドカップ。

会場どこ行っても恐るべき日本人だらけ。

シュツットガルトでのオランダ対ポーランドなんて 「えっここ日本?」っていうほど。

ここにいた 日本人は みんな2ちゃんねるでチケット取ったんですよ。

いつもFIFAサイトが深夜3時にオープンされて朝まで販売するんですが、2ちゃんねるで「準決勝でた!」とか「日本戦カテ3 終了」などの情報をシェアできたのが大きかった。

アルゼンチンにその話をしたら、「俺らの国は2ちゃんねる無いからなあ」と残念がってたのが印象的です。

今ではそこまで情報格差は無いので 昨夏のロシアW杯では、もうアルゼンチン人だらけ(笑)

株主優待タダ取りからわかる教訓です。

①twitterで情報共有されると 参入者が多くなり転売もいずれ儲からなくなる。

②株主優待は長期ホールドではなく短期で決済すべし!

(相当思い入れのある銘柄、使用する銘柄(私の場合 イオン北海道)以外は 株主優待タダ取りのように短期保有にしましょう。昨年の12月みたいなことがあれば目も当てられません)

③カードローンはこういう時にこそ使うべき!

1週間~2週間で確実に決済が見込まれる(利益確定が見込まれる)ものだけに使用しましょう。

②と③は特に重要で、不動産をカードローンで買うなんて愚行は止めましょう。何度もいいますが「市場に晒す」感覚が重要で、市場に晒されている間は何が起こるかわかりません。リスクを最小化するためにも、②と③は株主優待タダ取りのように「短期での利益確定」にこそ有効ですので 積極的に活用していきたいものです。