投資をする上で ライバルは必須


長嶋茂雄と王貞治

ジャイアント馬場とアントニオ猪木

聖子ちゃんと明菜ちゃん

レアルマドリーとFCバルセロナ

江川卓と西本聖

山本浩二と衣笠祥雄

ポンセとパチョレック

古今東西 良きライバル関係がお互い切磋琢磨し お互いを高めてきたわけです。

もちろん さまざまな投資をする上でも こういうライバルを見つけることは成功への近道と言えることは間違いありません。

私も同世代のライバルを見つけ、「あっそういうやり方する?」「なるほど!」と思い、感じることで、自分自身の投資スタイルを確立していったと思います。

私 30歳になるまで 「投資」というものに 全く興味がありませんでした。

もちろん 「24時間戦えますか?」の時代ですから、千歳船橋の寮を朝の5時に出て、夜は飲んで、乗り過ごして小田原まで行ってしまったことも数知れず。(当時は 朝が早すぎたので「漁師か?」と思いながら出勤していました)

朝まで飲んでそのまま仕事なんて普通だったわけです。

それが一転 投資に興味が出始めたのが2001年(当時32歳)の電通の上場。

これが思いのほか 儲かったわけです。(当時のボーナスと同じくらい)

当時はIPOやる人(主婦の人でやってる人なんて本当の少数)は少なく、たまたまヤフーの掲示板 沖縄板で知り合った人たちと オフ会も含め 情報交換するようになったわけです。

みんな同じ30代前半。皆さん 当時の投資資金は100万とかそれくらいだったはず。

そのうちの数人はまだtwitterでつながっているのは嬉しい限り。(20年以上のお付き合い!)

そのうちのある方の凄いのは 株だけで当時の投資資金100万円を6億円に(本人の申告はもうちょっと少ないらしいですが)されたこと。

彼が 100万から数億まで資産を増やされた経過をリアルで体感できました。

(この投資手法 私のような凡人には到底真似できないですし、ご本人は普通なのでしょうが、相当な胆力が無いと無理です)

おお 億り人は実在するんやと感動したものです。

やっと1億に到達した!のレベルではありませんからね。もちろん 不動産投資家の借金6億とは大違いです。現金です。現金。

しかも凄いのが まだサラリーマンをされていること。いつでもセミリタできるのに、仕事も充実されてて羨ましい限りです。

もうおひとりは 30代後半でとっととセミリタされ、仙人生活を堪能されています。

当時の仲間で 今も消息がわかるお二人は 資産運用で成功され、安定した50代(それは仕事でもいいですし、自分の時間でもいいですし、価値観です)を過ごされている事実は、私の投資の励みにもなっています。

不動産投資についてもですねえ。私にはライバルがいるんです。

そ ワンルーム業界の筒香こと「冴えないリーマン大家が築古区分で稼ぐブログ」をされているGucciさん。

実はGucciさんとはお付き合いが古く、しかもリアルでお会いしてるんですねえ。

それは私が初めて不動産を購入した2007年の前だったと思うんですよねえ。

つまり14年前の2006年ですかね。

忘れもしないCFネッツの横浜支店で行われたセミナー。

当時の私は横浜までセミナーに聞きに行くほど熱心だったんですねえ。

横浜でお会いし、その後、横浜周辺で買い進められているので ワンルーム業界の筒香と命名させていただきました。

セミナー後の懇親会で親しくお話させていただいたことを覚えています。

一時 ブログを閉鎖され、あちゃ光速であぼーんしたのか?それともレバリッチに監禁されたのか?等々心配していましたが、最近復活されて嬉しい限りです。

ZOOM飲み会で14年ぶりにお会いしたいですが、いつも振られてばかりです。

「築古区分を時間をかけて買って ゆっくり資産を築く方法」

「オワコンと言われている横浜エリアで安定してマンション経営する秘訣」

いくらでもテーマを用意しているんですけどね。

ぜひ 時間の良いときにご参加ください。

この場で猪木ばりの対戦表明w

今週の日曜日には、初級者限定でZOOM飲み会をしますが、なかなかお金の話をする機会って会社ではないでしょうから、ぜひ こういう機会を利用して 何十年にわたるライバルと言える存在を見つけていただきたいと思います。

コメント

  1. Gucci より:

    ちょっとちょっと、聖子ちゃんクラスのぴおほうさんが、壺井むつ美レベルの私とライバルなんてことあるわけないじゃないですか!
    あ、むつ美ちゃんファンの方ごめんなさい。私もファンです(笑)