売れて売れて大変でした。

海外から帰国して、大変だったのが、9月に権利取りした株主優待の処理。

これ 今の状況で、帰国当時はもう最悪でした。(写真の3倍くらいありました)ご存知の通り、株主優待の転売ヤーに転向して最初の処理。思ったより売れたなあというのが実感で、金額ベースだと、今回のヨーロッパ旅行のお金の3分の2くらいは転売ヤーの売上がカバーしてくれました。

9月の優待取得時に手数料を計算した時には、「やべえ 結構手数料負けするかなあ」と思ってたのですが、実際はラクマで飛ぶように売れていきました。本当に飛ぶようにいう表現がぴったりで、掲載すれば売れ、掲載すれば売れの連続でした。現在 ヤフオクのアカウントはサスペンデッドされていますので、これが復活できればさらに販売に加速がつくと思います。

今回 初めて転売ヤーになって初めて、何がどれくらいで売れるという相場感が掴めたのは良かったです。もうマクドナルドは鉄板。1冊3,500円で売れていきます。12月も15冊取得済です。鉄道系も小田急や近鉄は高く売れるんですが、相鉄や東急なんかはダメですね。なぜだかわかりますか?そう距離の長い鉄道会社はそれだけ交通費も高いですから、当然ラクマでも高く売れるわけです。それもビックリするくらいの価格で。。。

この市場で、今まではヤフオクが独壇場で、なぜかメリカリは販売禁止になっています。なのでラクマが唯一の対抗馬。ただラクマ自体も取引が成熟していないというか、始まって歴史がないせいか、「えっ!」という値段で出品されているんです。なのでラクマ内で仕入、それを転売する人が結構いると思っています。だって3500円前後が相場のものが300円で売れていたりします。

今は1つの法人で仕入していますが、今後 古物商の免許を取って 新しい法人を作って本格的にやることも検討しなければなりません。当然 仕入ルートが一つ増えるわけですから、売上も増えますし、SBI証券にも口座を開設することについては問題ないとの言質を取っています。何がおいしいかって、取得経費が経費にできる可能性があること。(だって仕入のための取得経費だから経費にできるんじゃないでしょうか?←これは税理士さんと要相談)もしこれが実現すれば 大きいと思います。年間の売上が約200万円で、取得コストが0円?子供がたくさんいる人は当然子供口座もあるでしょうから、家族で5口座あれば、むちゃむちゃ利益率の高いビジネスの誕生です。不動産なんてめんどくさいことやってる場合じゃありません。

ただ当然 留意しなければならないことがあります。一つはラクマやヤフオクなどのプラットフォーマーを利用している限り、急な仕様変更等で収益に直接影響を受けること、もう一つはビジネス自体に独自性があるわけじゃないので、すぐ模倣されること、資本力があるところが参入すればすぐ淘汰される可能性があることは十分に留意しておきましょう。逆にいえば、脅威的な競合が出てくるまでは十分稼げるとは思いますが。。。

「安定した」不動産からの収入、そしてこの転売ヤーの収入、長期で育成中の独自性の高いウェブ事業からの収入、収入の柱が3つくらいあればなんとか会社っぽい形になってくるのではないでしょうか?

最後に株主優待で個別株を長期保有するのは、大変危険です。ただ塩漬け株を増やすだけの可能性が大ですので、どうしてもという株以外はすべてつなぎ売りしたほうが正解です。桐谷さんは資本力があるからできるだけで決して真似してはいけないのは賢者の皆さんならご承知の通りだと思います(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク