ロバートキヨサキのおもひで


ロバートキヨサキに触発されて不動産投資を始めた方も多くいらっしゃると思います。

私も 当然 読みましたが、彼の本には全く影響されておりません。

私の本の師匠は藤澤雅義さんになります。

ロバートの本を読んでの感想なのですが、「所詮 外国の話でしょ?」でした。

ロバート好きな方は1031exchangeをご存知でしょうか?

当然 彼が資産形成するにあたり、アメリカならではの税の繰り延べなどの有利な税制を利用しているわけです。(たぶんです)

私もアメリカ不動産のことを 勉強するまでは こんな税制のことは全く知りませんでした。

こういう背景をしらずに「おおロバートすごい!」と早合点するのはどうでしょうか?

逆にアメリカ人にとっては 日本人がアメリカ不動産を購入して減価償却が大きく取れるのはうらやましいそうです。

各国で税制が違うから当たり前ですよね。

今はアメリカの不動産を購入するにあたり、個人で購入するか法人で購入するか迷っています。

個人で購入すると 訴訟リスクが高まること!や遺産税(何これ?)がかかること等のデメリットがあります。逆に私の日本の不動産は 個人で購入している物件が多く 減価償却を大きく取れるメリットもあります。

法人で購入すると 会社の設立費用等のデメリットがあります。

現在 法人で購入したほうがいいか、個人で購入したほうがいいか 税理士にセカンドオピニオンを求めています。

ロバートキヨサキの影響で 日本にもレバレッジの概念や それに伴いメガ大家などが生まれたことも事実でしょうが、これがいい影響を与えたのか、悪い影響を与えたかは後世が評価することでしょうが、私個人的には まったく影響は受けていません。

とてもじゃないですが、何十万円も払ってセミナー受ける気は毛頭ありませんし、ボードゲームをするつもりも全くありません(笑)



今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする