ポートフォリオについて


twitter上で 水戸大家さんが格安携帯電話販売、CFネッツが結婚相談所を始める、

不動産投資終わったみたいなツイートがありました。

不動産会社が、それ以外の事業をすることに関しては全く違和感がないですし、

商才のある水戸大家さんならキャバクラのチェーン店を出しても成功すると思っ

ています。

というか各社 不動産事業以外の事業を収益化するのが遅すぎるような気がします。

今ではJフロントリテイリングが百貨店から不動産事業へ舵を切ろうとしてますし、

昔ならば、ユニクロが野菜事業を始めたことは皆さん記憶に新しいことだと思いま

す。

A事業が順調なうちに、その他のB、C事業を育てる。

普通の会社ならみんなやっていることではないでしょうか?

よくいう水平展開というやつです。

CFネッツも高齢の土地などを所有する資産家の息子、娘さんをマッチングするなら

関連性は高いと思いますけどね。

「資産家限定の結婚相談所」なんだか魅力的じゃないでしょうか?

このポートフォリオの考えは 当然 個人にも当てはまります。

昔から 株・不動産・現金の3つの資産をバランスよく持つこと(今は、これに加え

てコンテンツも)が重要だと言われています。

間違ってもビットコインをポートフォリオに入れないで欲しいと思いますし、資金を

集中しないで欲しいと思います。

唯一やっていいのは、20代でまだまだ労働収入でリカバリーができる人だけです。

良識のある大人は止めましょう。

不動産も多額の借入を伴いますが、がっつり不動産へ資金を集中してはいけません。

特に不動産賃貸業はすでにレッドオーシャンで、典型的な斜陽産業だと思いますし、

そこへ借入を含む資産の多くを凍結させるのは、資産運用においても得策ではないと

考えます。

区分のいいところは、5~10戸くらい、いつでも売れる不動産を所有することで、

一棟ものの頭金にできる、違う事業へ投資できる、疲れたから辞める等の「打ち手」

の選択肢が増えることだと思います。

何度もいいますが、地方の売れない物件ではそういう打ち手の選択肢もなく、詰んで

しまいます。

利回りとかそういう話ではないのではないでしょうか?

僕も確定拠出が出る60歳か、65歳くらいから1戸づつ売却する計画を立てていま

す。

予定は未定ですが、残債のない区分なら毎年700~800万で売れるので、それを

生活費にできます。

実際、私が持つある区分も、理事会でよくご一緒していた70歳くらいの方 2名が

利益確定して売却されていきました。

年をとってからのこの700万~800万はでかいです。

ポートフォリオの観点でも、売りやすい区分を複数戸持っておくこと。

これ 鉄板の考えだと思いますが、いかがでしょうか?

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする