退職したら これはすんごく怖い


決算に向けてお金の計算をしています。

早期退職金ですが、減るどころか支給時より微増でした。

そりゃそうです。

特に想像以上に住民税の負担が大きかったため、今年は設備投資もせず、IPO狙い

でお金をそんなに動かしていませんし、空室がなかったため 不動産賃貸業も想定通

りに運営できました。

今日 三田の本屋で退職金の本を読んでいるサラリーマンの方に遭遇しました。

そんな退職金をもらって浮かれている、今後もらう予定のサラリーマンの方に読んで

いただきたいです。

退職金。なんて甘美な響きでしょう。

これがもらえるサラリーマンの方は恵まれています。

永遠にサラリーマンをすることは誰もできません。

いずれ 退職金をもらって 貴方の大好きな職場を去る時がきます。(退職金がな

い人も多くいるでしょう。)

これは誰でも避けることの出来ないFACTです。

さて そんな私も3月に早期退職し、退職金をもらいました。

退職金をもらって一番怖いことは、それは「減っていく恐怖」

これはかなり恐怖です。

「減ること」は避けるべきです。

「減ること」は破滅の始まりです。

お蔭さまで今年も空室になることなく、不動産賃貸業を運営することができました。

ただですねえ。

あんまり生産的なことしていないわけですよ。

銀行へ記帳するだけとか(笑)

月々の収支もリタイア前とおおよそ計画通り。

4,5月に来年のラグビーW杯のチケットで70万諭吉飛んで行ったのは想定外でしたが。。。。

セミリタイア(生産的な活動をせず)して、退職金が減っていく。

これ本当に恐怖です。

経験しないとわかりません。

だって減っていったらいずれ破綻ですからね。

これ退職金受給前だとなかなか実感のわかないことだと思います。

豪華客船でクルーズ?そんなんキャッシュフロー構築前は怖くてできません。

キャッシュフローが出来ていない人は 今すぐ 退職金をもらう前にキャッシュフ

ローを得る手段を考えましょう。

今年は空室になりませんでしたが、来年以降いつなるかわかりません。

郊外の人のように空室〇ケ月などは全く想定していませんが。。(甘い?)

もう一つの恐怖ですが、なにせ事業を開始するのにお金がかかるんですよ。

ウェブの事業始めようと思うと 想定売上がほぼゼロで事業計画立てなければなりま

せん。

赤字の垂れ流しです。

普通の会社で新規事業の答申をしたら間違いなく却下されるほど、個人で事業しよう

とすると赤字の事業計画になります。

赤字になる事業をどれくらい継続するかどうか、いつ辞めるかそういう見極めが重要

です。

ユニクロの柳井さんじゃないですが、事業は1勝9敗でいいのかもしれませんね。

サラリーマンの人で、リスク取って新規事業の提案するのとは、わけが違います。

サラリーマンなら赤字でも命取られることはありませんが、自営業は赤字の垂れ流し

など許されません。

小さなトライアンドエラーを繰り返したいのですが、どうも私もサラリーマン根性が

抜けないようです。

新しい事業を始めようとすると まずは赤字が続く。それが続くのもかなりの恐怖で

す。

退職金が「減る」恐怖、新しい事業を始める際は、赤字が続く恐怖。

これから退職金をもらう人は この2つの恐怖は覚えておいたほうがいいと思いま

す。

本当に怖いです。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする