「新しいライフスタイルの提案」の意味

50歳で27年勤めた会社を早期退職し、現在 セミリタイア生活を満喫中です。

セミリタイアなんて 普通はできません。

年金のでる65歳まで働くのが普通です。

そう セミリタイアなんて ほとんどの人が経験できないんです。

普通の人が経験できないことを経験している。

これ 最高の贅沢だと思います。

もう満員電車なんか乗れません。

人事異動?ぜんぜん 「ヒトゴト」です。

訳のわからない上司?私が意思決定者です。

時間も完全に制圧です。

優先順位は会社の都合?上司の都合?いや私の都合です。

税金?それも私がコントロールします。

サラリーマンのように黙って納税なんかしません。

50歳で会社を退職し、ロードマップを自分で描き始めました。

そんなに簡単に行きません。獣道、茨の道だらけです。

でもいいんです。それが楽しいんです。

自分が成長している実感。新しいことにチャレンジしている感覚。

こういうのがセミリタイアの醍醐味なんだと思います。

でもサラリーマンしかやってきたことがない人は、こういう感覚がわからないんだろ

うなと思います。

多くの50歳過ぎたサラリーマンの方で 成長しているって感覚を持っている人は

どれくらいいるのでしょうか?

多くのサラリーマンの人が60歳または65歳で組織を離れます。

一生 サラリーマンは出来ないんです。

その年齢で初めて味わうのが”喪失感”なんだろうなと思います。

60歳や65歳だと人生で残された時間は少ないです。

資産運用を含め、組織を離れた後の新しいライフスタイル、そういった提案もしてい

きたいと考えています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク