私の上を通りすぎていった銀行たち


先日 月島の築浅物件で借りているオリックス銀行から固定金利期間満了のご案内が来ました。

融資額1200万、期間30年1ケ月、金利2,8%、固定期間3年。

固定金利を継続する場合は、同一条件で更新、変動金利に変更する場合は毎月の返済が2千円増えます。

今後の金利の情勢はどうなるかはわかりませんが、次の3年は固定金利を継続しました。

その次は繰り上げ返済を視野に入れて、変動金利を選択するかもしれません。

2009年に借りて9年経過しました。

残債は985万円。

月島はなぜかファミリー物件が多く単身世帯はすごく少ないため賃料も全く下がりませんし、入居者が列をなしている状態です。今後もこのトレンドが変わることはほぼ無いと思いますし、月島の築浅ですから売却金額が1000万以下なんてありえません(たぶん)まさに持ってよし、売ってよしの物件で、残債がなくなれば、お宝物件になります。

私の銀行遍歴は、現金→オリックス→りそな→オリックス→オーストラリアコモンウェルス→スルガ→三井住友トラスト→三井住友トラスト→八千代銀行→全宅住宅ローンとある程度 教科書通りの借入をしたと思っています。

上の例の月島あたりは順調に残債も減り、あと数年で繰り上げ返済で完済も見えてくるいっぽう、長期融資、高金利でキャッシュフローを出す三井住友トラストなどは全く残債が減りません。恐ろしいくらいです。

現在の三井住友トラストの借入は600万程度ですが、あまりお勧めできる借入方法ではありませんし、カードローンで借入するなど愚の骨頂です。

そもそもカードローンは私のような株優転売ヤーにように「超短期」で借入するもので、不動産のように「長期」にわたって借入することが正しいとは思いません。

カードローンで不動産買うくらいなら、ちょっと冷静になって見送る等の判断も欲しいところですし、どうしても欲しいなら某証券銀行のウェブローンで金利5%で2馬力で返済しつつ借りたほうがよっぽどましです。

CCCにも載らないですしね。

私は今年 現金で買った区分①→来年 現金で区分を購入②→再来年ウェブローンを利用して区分を購入③をキャッシュで買った①~③の家賃と5%の金利の4馬力で返済しようと思っています。

たぶん 時間はかかりますが、これが一番安心、安全なやり方だと思います。

不動産投資ってつまんねーですね(笑)

ただ 過去遍歴を見ても バルク物件をオーストライアコモンウェルス銀行で借入できたのは 資産を積み上げるのに貢献できたと思います。よく借入できたなあ。チャンレジャーの方 ぜひ飛び込み営業してみて下さい。(笑)豪州では超有名企業なんですが、神谷町の普通の雑居ビルにあったんですよねえ。

そういえば同じビルに「ゆかし」も入っていたような。。。

もう私はサラリーマンとしての信用も無いし、がっつり借入することもないと思いますが、今は区分でもソニー銀行やアルヒなども使えるんですよね。融資してくれる銀行については常に情報をブラッシュアップしておくことが必要で、銀行からの借り入れは必須だと思いますが、あまり無理してローンを組むと失敗のもとになりますので、慎重に借入を検討する必要があるかもしれせんね。

まあ大丈夫だなんて過信してると大やけどを負うことにもなりかねないのは歴史が証明していると思いますので 気を抜かずやっていくつもりです。

twitterでたまにつぶやいています。フォローお願いします。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする