東京スター銀行で爆死しました。


張作霖なみに爆死しました。

7月にアメリカにプロレスと大谷翔平を見に行く、いや もとい 不動産を見に行くにあたり、融資が使えればなあという甘い考えで東京スター銀行へ行ってきました。

以前にも書き込ましたが、某田町の海外不動産を専門に扱う会社のセミナーに東京スター銀行さんが登場した時のあの殺気だった雰囲気。

それはそれは凄いものでした。

日本の低金利並みの金利で海外の不動産が買えるっていうのものだから、LOVEレバレッジな殿方たちも必死なわけです。

その条件は 日本の不動産を担保に年率0.85%~8.35%(変動金利)、年率1.2%~8.85%(固定金利)で100万円以上~1億円以内、20年以内という好条件。

しかも繰上返済手数料無料!!

でスター銀行さん 2年分の確定申告書持ってこいっつうで、持っていき、開示したとたん。

ああ これは無理ですね。

即答

チーン。

まあねえ、高属性を捨てた今 もう何もない 月給63,000円の一介のおっさんなわけです。

というわけで借入できそうな雰囲気も全くなく そそくさと退散したわけです。

まあ 在職中から借入ベタなのは自覚してますし(公庫2連敗!)、あまりがっつり借入する気もないので、どうでもいいのですが。。。

ほんと私の融資でうまくいったのはオーストラリアコモンウェルス銀行以外無いと自負しております。

かもーん オージー!

担保になる日本の物件があり、高属性なそこの貴方、海外不動産買う予定の方、これトライする価値あると思いますよ。

もう日本の物件は融資がつかず買えませんから アメリカでもフィリピンでもベトナムでも世界各地にレバレッジ利かせてやってくださーい。

フィリピンに愛人がいる人は、東京スター銀行からローン借りて、かの地にコンドミニアム買うのもいいかもしれません。

あっあと東京スターは法人にはめっぽう冷たい会社なので、個人で行くのがオススメです。

ただですねえ。

融資はミズモノですので、実際ぬ融資が降りるかどうかはなんとも言えません。

あくまで自己責任でお願いします。

勇者の健闘を祈ります。