ワールドカップ大家 フットボールの母国を行く


そんなこんなでフランスを後にロンドンへ向かいました。

こんな安宿に泊まっています。

バストイレ共同 3LDKの一部屋。ようはairbnbです。

これで8泊45,000円。

場所はwhitechapel駅から徒歩7分くらい。市内主要場所へは30分で行けます。

ロンドンに来ると行ってしまうのはフットボール。

今までビッククラブすべてのスタジアムへは行ったことがあります。

スタンフォードブリッジ、オールドトラッフォード、エミレーツスタジアム、

ホワイトハートレーン、アンフィールド、エティハドスタジアム。

いやー ほんと暇人ですね。

ほとんどすべてのスタジアムが商業主義で大規模スタジアムに変わるなか、

アンフィードだけが唯一古いそのままのスタジアムなので趣があっていいです。

今回はワトフォード対シティ、トットナム対サウサンプトン、ウエストハム対クリス

タルパレスを見てきました。

最寄り駅のワトフォードジャンクション。

ロンドンから約1時間。ベッドタウンにあります。

ワトフォードの本拠地ヴィカレージロードに着きました。

何せ駅から徒歩20分。かなり歩きます。

近所のパブで試合前に一飲。

こういうのがいいんですよねえ。この文化が明治時代初期から続いてるのが

素晴らしいです。

サッカーファン、いやフットボールファンならぜひ味わうべきです。

熱狂的なサポーターのおっちゃん。

エルトンジョンがオーナーをしていた歴史もあり、エルトンジョンスタンドもあります。

なにせ寒いんです。

席はなんと最前列。

ジェズスやコンパニー、ウォカーなど一流選手のプレーをまじかで見れました。

翌日はウェンブリーでのトットナム対サウサンプトンの試合。

ウェンブリーは3試合目ですが、メインエントランスで入るのは初めて。

ツアーで食事付きだったのですが、これがまずい(笑)

スリーライオンズの彫像、これはかっこよかったなあ。

ウェンブリーは通常 イングランド代表か、FAカップの決勝でしか試合をしないのですが、トットナムの本拠地であるホワイトハートレーンが改修工事のためウェンブリーを使用していますが、何せキャパがでかいのと平日夜開催なのでガラガラ。

ジュリーなら怒って帰っちゃうかもしれません。

あとトットナムには韓国人のソンフンミンが主力として活躍しており、スタジアムは韓国人だらけ。経済効果は計り知れないですね。フットボールの力って偉大です。

そして最後にウエストハム対クリスタルパレスのなんちゃってロンドンダービー。

会場は2012年ロンドンオリンピックのメインスタジアムです。

今はウエストハムのホームグランドですが、キャパが大きいのでガラガラかと思いましたが、思った以上に満員。

ロンドンでは8チーム近いサッカーチームがあり、対戦相手のクリスタルパレスもロンドンを本拠にするダービーマッチだったからかもしれません。

試合も盛り上がり3対2でウエストハムの大勝利。

普通の試合でワールドカップにも負けない熱量。イギリス人はほんとにフットボールが好きなんでしょうねえ。

というわけで8日の滞在で3試合フットボール観戦しました。フットボール好きはぜひ この迫力現地観戦をお勧めします。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. けい太 より:

    欧州スタジアム巡りは羨ましい限りです。3試合6チームも見れるなんて良い計画ですね。トットナム対サウサンプトンは吉田麻也も出場したのでなお良かったですね!

    • ぴおほう より:

      けい太さん コメントありがとうございます。
      ロンドン来るだけですぐフットボール体験できますからおすすめです。2月はチャンピオンズリーグのR16やR8をやりますので猶更たくさん見れるかもしれません。吉田麻也はソンフンミンに振り切られてばかりでいいところなしでした。