パリの街からボンジュール


といってもすでにロンドンにおりますが、遅ればせながらパリのレポートです。

今回は何せルーブルとオルセーが目的のひとつ。

ダヴィンチのモナリザに会えました。

ミロのビーナスも当然見ました。

ナポレオン1世の戴冠式。

左下に人がいますが、大きさがわかると思います。

ルーブルから歩いて10分くらいのところにあるオルセーとピカソ

美術館にも行きました。

フランス人にはピカソ 人気があるんですね。

海外の美術館はエルミタージュもそうですが、写真撮っても

何も言われないのがいいですね。

美術館巡りの後は当然サンドニのスタジアムツアー。

サンドニは1998年フランスワールドカップのフランス対サウジ、

そうジダンが退場した試合以来20年ぶりに来ました。

12月のヨーロッパはクリスマスムード一色で街も綺麗です。

これは12月でないと味わえないでしょう。

蚤の市に行ってきましたが、ヴァンプの蚤の市が骨董市っぽくて雰囲気が

ありました。

当然 クロワッサンの食べ比べも(笑)

凱旋門のデモを日本でも報じていたそうですが、特になにもありませんでした。

明日以降は激動のロンドン便りです。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする