積み立てを外貨から違う運用商品に変更しました。


家賃の一部を米ドルとオーストラリアドルで積み立てていましたが、やはり面白くないので、

違う商品にしました。

米ドルが動かないというのもあるのですが、やはり外貨はつまらないなあと思います。

金利が2%ついても「なんやねん」的なレベルなので もう少しリスクを取る方針に変更しました。

まず楽天証券で 楽天カード経由で「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を

これは上限5万円まで積み立て ポイント稼ぎの側面もあります。

次にSBI証券の米国株式、ETF定期買付サービスを利用して

EPI ウィズダムツリーインド株収益ファンド

RSX ヴァンエックベクトルロシアETF

VNM ヴァンエックベクトルベトナムETF

RWR SPDR ダウジョーンズREIT

以上の5商品を毎月積み立てに変更しました。

(なお 外貨の両替はSBI銀行が安いので、一度 日本円をSBI銀行で米ドルに換えてその後に上記サービスしたほうが外貨両替手数料の削減になります)

インド、ロシア、ベトナムです(笑)

今 新興国の株はメタメタな状況ですので、積み立てするチャンスかなあと思っています。

特に新興国株は リバウンドも大きくとれますから、今が仕込み時じゃないでしょうか?

個人的には2000年代初頭 東洋証券で買った中国株のファンドですごく儲かった記憶があるので、その再現を狙いたいところです。

先週から 確定拠出年金、NISA,定期積立、REIT等 不動産以外の投資について記事にしてきましたが、不動産以外の投資についても しっかり勉強していきたいものです。

この稚拙さがタネ銭を貯めるスピードを大きく左右すると思っています。

不動産でがっつり借金する時代でもなくなりましたので、より一層 こういう資産運用のスキルが問われる時代になったと思います。

今まで5部屋売却しましたが、4部屋はノムコムさん。当然買値より高値で売却していただきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする