次はキャンピングカー投資?

常に不動産投資以外の投資についてもアンテナを張っています。

で今話題のキャンピングカー投資の市場調査のため 幕張メッセで開かれた

「ジャパンキャンピングカーショー2019」へ行ってきました。

金曜日の朝一に行ったんですけどね。

私も相当な暇人ですが、暇人だらけで大混雑。

これ土日だったら大変だったでしょうねえ。

客層ですが、やはり初老の男性、一人が多かったですかね。

岩城滉一のようなダンディなオヤジは少なく、ここは川崎競輪場?というような感じでしたが、意外とそういう人に限って金持ってんですよねえ(笑)

夫婦は少数。

男性はこういうキャンピングカーの憧れがちですが、女性はトイレどうすんの?とか料理できないじゃないの?等の心理的負担もあるのかなあなんて思っていますが、プ女子と言われるプロレス好きな女性が増えたり、女性の社会進出が進んだ今 数年後はそこまで心理的なハードルにはならないと予想しています。

運のいいことに 業界最大手の「フジカーズジャパン」の松信社長を10分以上独り占めさせていただき質問責めにさせていただきました。

フジカーズさん キャンピングカーの中古車の在庫が常時300台以上あるそうです。

ちなみに松信社長 チョーイケメンです。

キャンピングカーは大きく キャブコンとバンコンがあります。

キャブコンはこのような感じのタイプです。

イメージ通りのキャンピングカーですね。

車内はかなりラグジュアリー

水回りも充実しています。

写真はないですが、トイレ付やシャワー付きなどもあります。

これでだいたい1000万~1500万くらいでしょうか?

1500万もだせば もう最高級品買えます。

次にバンコン。

これはハイエースなどを改良したもの。軽自動車のキャンピングカーも多く出店していました。

長野のある業者さんに話を聞いたのですが、昔 マツダのボンゴブレンディってハイトップルーフの車ありましたよね?当時は斬新だったのですが、全然売れず、中古車市場でも価格が大暴落。最後には10万円前後で取引されていたそうです。

ポーランド人の起業家がそれに目をつけ、ボンゴフレンディを買い占めて キャンプ文化が根付いているヨーロッパへ輸出してレンタカーとして大儲けした逸話があるそうです。

個人的にはワゴンRが最初に出たときから好きなんですよねえ。

やはり軽なので 狭いし、設備も最小限ですが、単身者にはこれで十分じゃないでしょうか?

バンコンですが、こちらは200万程度からあります。

八王子のワンルーム程度の価格で買えますね。

あとはランニングコストでしょうか?

これは固定資産税と考えればわかりやすいですね。

キャンピングカーの市場ですが、これからバブル世代が大量に退職時期(あと10年後)を迎え、仕事をしない人がかなり増えます。

本格的な余暇時代の到来なのかもしれません。

また シェアリングの趨勢もあり、キャンピングカーを所有するよりレンタルしようという流れも一般的になると思います。

日本人は旅行好きな民族ですし、1週間~数週間の旅行に出るのに、ホテル代はバカになりません。

松信社長によるとたしかにキャンピングカーは投資としてはあるが、まだまだ補償等の制度が未成熟でトラブルも多いようです。あとはタイムズやオリックス、ニッポンレンタカーなどの大手が参入したときに、どうなるか?ですねとアドバイスをもらいました。

私 個人的には 嫁が定年の前後(あと数年後くらい?)にワンルーム売ってキャンピングカーで一年くらい日本全国を回る。

(当然 1月1日の居住地を海外にして無税者になる)

そして 日本一周後 それをレンタルして収益を得るというのは「アリ」だと思いますが、いかがですかね?

中古のバンコンを会社の経費で買って、減価償却取るのはかなりギルティですが、そんなチャレンジャーはいませんか?

価格が価格ですし、車好きの方にはお勧めの投資手法かと思われます。

スポンサーリンク