イスカンダル計画 再び?

昨日 ランドバンキングの話聞きにいったときのレポートをします。

会場なんですが、都内のそこそこのホテルの小会議室。

なにやら この時点で怪しさ満点です。

怪しさ消すためにTKPとかでやって欲しいです。

来ている人ですが、若い人(20代前半とか)もいるんですよねえ。

これ LP作って情報商材等にして売るんですかね?

情報の非対称性つうやつですか?

セミナーで少数相手にしてるより 情報拡散させて同締めになったほうが儲かるのかなあ。

いやーもっと仕事がんばれ!と説教しそうになりました。

司会者によると 今日 プレゼンする人は、モルガンスタンレーやゴールドマンサックスで

活躍したという経歴の人だそうです。

こういう外資の名前だされると弱いですよねえ。

決して「立花証券に勤めてました」ではないわけです。

でこのプレゼンした人、景気の推移を話していた時、リーマンショックの話をした時に

「いやー私が勤めていたのもここでして」

おいおい、モルガンやゴールドマンじゃなくて リーマンにもいたんかい!

どんなリーマンやねん(笑)

外資の証券って 社内情報持ってるでしょうから 大手の間をそんなに転職できないでしょう。

しっかり答弁しないと桜田五輪相になってしまいますよ。

「れんぽうさん」ですよ。

そもそもそんな高給取りならもっと仕立てのいいスーツや質感のある靴を履きましょう!

まずはかっこからだと思いますよ。

でランドバンキングなので、土地は買う、プランニングはする、しかし行政の認可やデベロッパーの

建築については保証できないみたいな感じなんです(アフォらしくて途中退席しましたが)

日本人はマレーシアのイスカンダル計画で懲りてるはずじゃなかったんですかね?

このランドバンキングですが、北海道などの原野を中国の方に売るのはどうでしょうか?

やっぱり実物じゃないと難しいと思うんだけどなあ。

怪しいと思う(かなり主観ですが)ものには投資しない。

これも投資の鉄則だと思いますけどね。

海外不動産セミナードットコムさんでは、絶賛 怪しいセミナーたくさんあります。

モンゴルやイギリスの介護施設などなど

これらに出て 貴方の真贋力を磨きましょう。

まあ 日本の不動産がシュリンクしていますから、海外に目を向けるのは当然の動きだと思いますけどね。

あくまでも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク